BRIGHTON Kyoto

採用情報サイトRECRUIT SITE
ENTRY
先輩社員02 ホテルのため、
お客様のために常に考え、
自分の考えた策を
実践していけるのが魅力
宿泊部 レベニューマネジメント課

福島 悠紀子

2006年入社

仕事のやりがい

失敗も糧として、
お客様を喜ばせる策を実践したい

私はホテル宿泊の販売基本計画の立案や実施・検証、客室料金の策定、ルームコントロール、宿泊エージェントとの販売提携など、ホテルを使ったいろいろな企画の立案や実施を担当しています。レベニューマネジメントは、こうした策をめぐらし企画を行っていくことが主な仕事であるため、常に「お客様をおもてなしする」方法を考え続け、実践していける機会があるのが魅力です。もちろん、企画や提案を行っていくなかで失敗することもあります。しかし、その失敗があるからこそ、自分の読み通りにプランが進み、お客様に喜んでいただけた時の嬉しさは格別。失敗も自分の糧として経験を積み重ねて成長していける、それが今の仕事の一番のやりがいです。また、私は業務を通してお客様や取引先と接する機会も多く、お客様と接するときも取引先と交渉するときも常に自分がホテルの代表であるという意識を持ち続けることを心がけています。私の提案や話を通して、京都ブライトンホテルに信頼を抱いていただけるように、多くの方に泊まりたい、利用したいと思っていただけるように、私自身も信用され、安心していただける存在になることが目標です。

これからも素敵な思い出を生む
ホテルであるために

これまでの仕事のなかで最も印象深かったのは、お客様の人生の記念日をより思い出深いものとするためサプライズイベントのお手伝いをしたこと。私はその当時館内で浸透していた一般的なサプライズの手法ではなく、「もっと良いものをご案内したい」と思い、館内だけでなく外部のバルーンショップと連携し風船をご準備したり、できる限りの手配事や客室のしつらえなど考え、提案し続けました。その結果、多くのお客様が人生の記念日を楽しく、嬉しい思い出とともに過ごしていただけることができました。お客様からいただいた沢山の御礼のメールやお手紙は、今も手元に残しています。中にはお手伝いしたサプライズのプロポーズが成功して、ブライダルフェアに来ていただいたカップルや挙式してくださったカップルもいらっしゃいました。本当に良い経験だったなと感じています。これからも、京都ブライトンホテルが多くの人にとって素敵な場所となるよう、新しい提案を続けていきたいと感じています。

1日のスケジュール例

9:00
出社メールチェック
電話応対
PCでの入力業務
(部屋数の在庫管理等)
販売価格操作など
12:00
お昼
13:00
メールチェック電話応対
PCでの入力業務
(部屋の先行の予約チェック等)
15:00
先行の予約チェックインターネットのプラン作成
旅行社とのやりとり
(宿泊代の解答等)
17:30
退社

キャリアステップ

1年目
宿泊部 ハウスキーピング課 顧客の方が滞在中オーダーされた物品などの手配物を記録し、次回来られた際にも事前に手配が出来るよう、顧客カルテのメンテナンスを徹底していました。
2年目
宿泊部 フロント課 宿泊予約 国内・海外からの予約受注はもちろん、リーダーとして日々の実績データをまとめ結果検証を行い、次年度戦略的な販売が出来るように備え、部下を指導し、徹底的に業務を極めました。
11年目
宿泊部 レベニューマネジメント課 年間はもちろん、月ごとの予算を持って最大限に収益をあげる為に部屋の販売在庫や料金のコントロールをしています。